小室圭さんが、9月27日アメリカから一時帰国し、その後眞子さまと共に記者会見することが報じられています。フジテレビ系FNNが滞在先のアメリカへ向かい、小室圭さんに取材をしたところ、取材対応の態度が悪すぎると批判されました。その後、TBS系JNNが取材に向かったところ、態度が以前よりも柔和になっていたようですが、火に油を注ぐ事態になってしまい、ネット上で炎上することとなったのです。

小室圭さん、マスコミへの対応に変化か

https://platform.twitter.com/widgets.js

フジテレビ系FNN小室圭さんに取材をし、ポケットに手を突っ込み記者を無視しながら歩く姿が報じられると、日本国内からは批判の嵐がネット上に飛び交いました。

その後、TBS系JNNが取材をしたところ、態度が次のように変化していたというのです。

質問に応えることなく、道路を渡る小室さん。記者にむかって笑顔で深々と一礼し、回転扉の中へと消えていった。
~中略~
眞子さまとの結婚について質問を繰り返すとそのたびに会釈し、歩き続けた。

sourceTBS NEWS

質問には答えませんでしたが、記者に向かって会釈をするなど、FNNの取材の時と対応に変化が見られたのです。

マスコミへの態度を修正、「いまさらムリ」国民炎上

小室圭さんは、記者をガン無視した態度から一転、会釈をして対応するなど以前の取材とは違った対応が見られました。一部では、眞子さまが注意をしたことで対応に変化が見られたのではないかと報じられています。

しかし、今回のマスコミ対応に「取り繕ってもすぐボロが出るでしょう。」「言われないとできないのか。」「アレが素なんでしょう。最初の取材で会釈ぐらいしておけばね。」「本性がばれた後で、上辺だけ取り繕っても遅い。」「国民から総スカン。」と、火に油を注ぐ事態となってしまったのです。

その一方で、「マスコミ側の質問も悪いし、しつこい。」「アポなしの突撃取材に誠実な対応あるべきというのもどうかと思います。」「しつこいのはわかるけど……。」と、小室圭さんを不憫に思うコメントも見られました。

また、ロン毛でポニーテール姿という、以前とは全く違った現在の風貌も批判の対象となりました。



画像が見られない場合はこちら
小室圭さん、帰国直前マスコミへの対応に変化「いまさらムリ」と更に炎上