(撮影=Ray Otabe)

伊藤蘭が26日、東京・日比谷野外音楽堂で「伊藤 蘭コンサートツアー2021 特別追加公演 ~Beside you & fun fun □ Candies!野音SPECIAL!~」(□は白抜きハートマーク)が開催された。

 2019年6月にソロ・デビューアルバム『My Bouquet』をリリースし、キャンディーズ解散以来41年ぶりに待望の音楽活動を再開した伊藤蘭。今回は9月1日リリースされたセカンドアルバム『Beside you』を引っ提げてのコンサートツアーだが、すでに9月20日(月・祝)の大阪フェスティバルホール公演を大盛況のうちに終え、今回は野音ならではの特別プログラムで挑むコンサートだ。何しろ彼女が野音のステージに立つのは44年ぶり。その44年前、キャンディーズはここ野音のステージで衝撃の解散宣言をした。ファンにとっても鮮烈な記憶を残した野音のステージに伊藤蘭が再び帰ってくる。そんな期待と興奮が入り混じったざわめきの中、コンサートスタートした。

(撮影=Midori Kondoh)

 午後5時を少し回ったあたりで、まずはバンドメンバーが入場。冒頭、キャンディーズ応援ナンバーとして知られるインスト曲「SUPER CANDIES!」が演奏されると、観客は早速、手拍子でこの日の主役を呼び出す。すると、ステージ奥の中央から真赤なワンピースに身を包んだ伊藤蘭が登場! それとともに「春一番」のイントロが流れ出す。これは意外なオープニングだった。

 何しろ「春一番」はキャンディーズ時代、コンサート終盤の盛り上げ曲として定番化していた。それがまさかの1曲目! あっという間に会場は熱気と興奮に包まれる。観客はマスク着用、声援が送れないもどかしさはあるものの、大きな拍手と手拍子で、44年ぶりのランちゃんの野音帰還を迎え入れた。

「みなさん、こんにちは! 伊藤蘭です。そして、ただいま、野音!」最初の挨拶に続いては『Beside you』からエッジの効いたロックテイストの「ICE ON FIRE」をスタンドマイクを使った振り付けで披露、そしてエキゾチックな「ひきしお」へと続く。

 「shalalaHappy Birthday」「愛して恋してManhattan」とポップハートウォーミングナンバーは、コーラスとともにユニークな振り付けで。途中で花柄の鮮やかなワンピースに衣装替えし、トータス松本によるキュートナンバー「あなたのみかた」に。キメのセリフも可愛らしく、年齢を感じさせないコケティッシュなランちゃんの魅力が炸裂!

(撮影=Midori Kondoh)

 「歌を再スタートしたことで、自分自身の新たな気づきがあって、音楽が身近にある日々がとっても新鮮です」

 ファースト・ソロ・アルバム『My Bouquet』の収録曲から「Wink Wink」「ああ私ったら!」「女なら」の3曲をメドレーで披露する頃には、会場もすっかり暗くなってきた。そのままバンドリーダーの佐藤準をはじめとするメンバー紹介へ。ギター是永巧一、ドラムそうる透、ベース美久月千晴、サックス竹野昌邦ら、ミュージシャンレジェンド揃いだ。しゃれたボサノバタッチの「ヴィブラシオン」をしっとりと歌い上げ、前半戦が終了。

 「この曲をいただいた時は、心臓を撃ち抜かれました」というMCに続いてスタートしたのは、「恋するリボルバー」。前回のコンサートツアーでも歌われ、大盛況となった1曲だ。新たなステージの定番曲に育つ予感を胸に、続く「You do you」を歌い終えたあと、伊藤蘭は一旦、ステージ袖に去っていく。そして、キャンディーズ時代のアルバム『夏が来た!』に収録されているインストナンバー「HELLO!CANDIES」がバンド演奏されると、ラメの入ったタイトな黒の衣装で登場し、ライブを盛り上げる定番曲「危い土曜日」で後半戦がスタートした。

 ここからはお待ちかね、怒涛のキャンディーズコーナー。「その気にさせないで」「ハートエースが出てこない」を往時と同じ振り付けで歌い踊る伊藤蘭に、観客も大歓喜だ。「キャンディーズゾーンに突入いたしました! 振り返れば、長い人生の中の、ほんの4年半の活動でしたが、素晴らしい歌ばかりでした」

 「ハート泥棒」「夏が来た!」とアップテンポの軽快なナンバーが続き、一転、柔らかな照明に包まれて、しっとりとした名曲「アン・ドゥ・トロワ」を披露し、観客も感慨深く聞き入っていた。

(撮影=Midori Kondoh)

 「懐かしいですね…1つひとつの曲に向き合ってみると、当時の空気が匂い立つように浮かんできます」という言葉に続いて始まったのは「哀愁のシンフォニー」。かつては野音や蔵前国技館、後楽園球場など、数々のステージを紙テープまみれにした、ファンキャンディーズが一体となれるナンバーだ。紙テープが舞ったサビの歌い出しでは、会場が一気にペンライトを振って応援を送り、間奏では熱い拍手が起こる。さらにアルバム『年下の男の子』に収録の人気ナンバー「悲しきためいき」、華麗なスタンドマイクさばきの「やさしい悪魔」と続き、ご存じ「年下の男の子」では、観客もペンライトを使って振りを再現する。そして「暑中お見舞い申し上げます」とこれ以上ない大ヒット作が連打、往年の振り付けも完璧に再現され、会場は歓喜と興奮に包まれた。

 「5曲続けてお届けしました。5連キャン!(笑) でも、皆さんの心の声援もちゃんと届いてますよ。ありがとうございます

 温かいMCに続いて、キャンディーズゾーンの最後を飾るのは、やはりこの曲しかない「微笑がえし」だ。また逢える日までしばしのお別れ。ポップで温かくて、ちょっとだけ切ないこの名曲が会場に響き渡り、本編は幕を閉じた。

 アンコールでは、黒ベースツアーTシャツピンクのトレンチコートをまとって華やかに登場。1曲目はキャンディーズ時代、必ず本編ラストで大いに盛り上げた「Dancing Jumping Love」で、バンドメンバーコーラスたちとの熱いコールレスポンスを繰り広げ、会場からも「心の大歓声」が熱気となってステージに届けられる。さらにアンコールでの定番曲だった「さよならのないカーニバル」が歌われると、各所でどよめきが起こった。なぜならこの曲は、77年の野音公演の最後に歌われる予定であったが、キャンディーズが突然の解散宣言をしたため、唯一歌われなかったナンバーなのである。

 「皆さん、楽しい時間を一緒に過ごしていただいて、ありがとうございました。あの日、歌えなかった歌なので、なんとなく欠けていたピースが埋められたと思います」

 また逢える日を約束して、ラストは『Beside you』から、布袋寅泰と森 雪之丞コンビによるアットホームな「家路」で幕を閉じた。野音の夜空を鮮やかに彩るライティングとともに、ファンは伊藤蘭からのメッセージと、感動を胸に家路に着いていった。

 「伊藤 蘭コンサートツアー2021 ~Beside you & fun fun □ Candies!~」は、この後10月28日(木)、29日(金)の2日間、東京・中野サンプラザホール公演まで続く。野音とはまた違ったセットリストでお送りするステージを、ぜひ再びこの目に焼き付けて欲しい。【馬飼野元宏】