今回の事件は、このシリーズの「メッカ殺人」と同様「アプレ犯罪」とされた。当初は「日大ギャング事件」と呼ばれたが、いつの間にか「オー・ミステーク事件」の方が通るようになった。犯罪自体はずさんで見え見えだが、いまも年配者の記憶に強く残るのは、まさに「アプレ」と思わせる“無軌道で破廉恥な”19歳の「犯人」と18歳の「愛人」のツーショット写真、そして、逮捕時に放ったとされて流行語となった「オー・ミステーク」の一言だろう。当時の大人にとって「いまどきの若い者は」と慨嘆させる格好の話題とされた。

 時は1950年。占領も5年を越して飽きがきている一方、3カ月前には朝鮮戦争が勃発。その特需で悲惨のどん底にあった経済状況に明かりが見え始めていた。しかし、それもこれもアメリカのおかげ。自分たちの運命はアメリカの動向次第という現実を味わわされていた。この事件は、そんな日本人の姿を凹面鏡に映し出した、ゆがんだ画像のようなものだったのかもしれない。

「オウ」「ミステイク」などと表記した新聞や資料もあるが、見出し以外は「オー・ミステーク」で統一する。容疑者2人は未成年だったが、少年法は2年前の1948年に制定されたばかりで、未成年の匿名報道は制度化されておらず、全メディア実名報道した。ここでは本来の趣旨に沿って匿名とする(写真は掲載)。今回も差別語・不快語が登場する。

運転手をジャックナイフで脅し、金の入っていたボストンバッグを強奪

 当時、新聞は用紙不足で粗悪な仙花紙を使った独立夕刊を発行。朝日と毎日は戦前以来続いていた翌日の日付を使っていた。事件の第一報はその夕刊に載った。1950年9月23日付(22日発行)の朝日は社会面3段だった。

〈 百九十万円奪わる 白昼大手町で 日大の職員給料  

 22日午後2時ごろ、日本大学・八木下会計係員が富士銀行神田支店から、職員の給料190万円を提げてダットサンで千代田区大手町・労働省前まで来ると、途中から乗り込んだ同じ日大生の山脇某が急に停車を命じ、八木下と佐藤運転手をジャックナイフで脅し、金の入っていたボストンバッグを強奪。2人を車から突き出して、自動車を運転して逃走した。同ダットサンは車体が青色で警視庁で緊急手配中。〉

 第一報だから容疑者の名前や肩書など、不正確な点が多いが、富士銀行は現みずほ銀行。ダットサンはかつての日産自動車ブランド。190万円は現在の約1585万円に相当する。

 この時期、この年6月に始まった朝鮮戦争は当初半島南端に追い詰められた国連軍(実質アメリカ軍)が「仁川逆上陸」から攻勢に反転。国内では警察予備隊(自衛隊の前身)が発足し、共産党に対する弾圧と共産主義者とされる人たちを公職から排除する「レッドパージ」が始まっていた。

 逆に公職を追われていた政治家らが次々追放を解除され、連合国軍総司令部の方針変更をきっかけに「逆コース」(保守反動化)の兆しが見え始め、戦後の変わり目のような不安定さが社会を覆っていた。

「彼の背後に数名の女性があることが判明。その1名と手をとって高飛びしたのではないかと…」

 翌9月23日付朝刊になって事件の全貌がほぼ明白となる。最も詳しい読売を見よう。

〈 日大運転手の自動車ギャング 教授令嬢と高飛び? 強奪の校金百九十万円懐に  

 白昼、銀行帰りのダットサンを襲い、現金190万円入りの赤革ボストンバッグを強奪した事件につき、丸の内署では直ちに被害者、日大本部会計課員・八木下茂(20)、同運転手・佐藤清喜(41)、同小使・金山忠七(63)3君を招致。事情を聴取したが、犯人(19)は昨年2月、同校に運転手として就職。毎月22日には職員の給料を富士銀行神田支店、千代田銀行小川町通支店に下ろしに行くことを知っており、本人自身しばしば受け取りに行ったことがあるので、車の通るコースはもちろん、金額もよく知っている点などから、今回の犯行は最初から計画的に行ったものとみられ、さらに彼の背後に数名の女性があることが判明。その1名と手をとって高飛びしたのではないかと見る説が有力になった。〉

 千代田銀行は、財閥解体で三菱銀行が改称し、一時期こう名乗っていた。記事は手口についても詳細に報じている。

〈 事件当日は、八木下さんら3名が午後1時ごろ学校を出て、まず千代田銀行小川町通支店に入り、小切手90万円の現金化と預金47万円の払い戻しを依頼。さらに神田淡路町の富士銀行神田支店に行き、現金53万円を八木下さんが受け取り、再び千代田銀行に向かう途中、小川町交差点付近で待ち受けていた犯人が「体の具合が悪いから」と乗り込んだ。千代田銀行に着いて前に依頼した現金137万円を受け取って3人が帰校しようと神保町交差点まで来たとき、助手台にいた犯人がいきなりジャックナイフで運転している佐藤さんに「左へ行け」と脅迫。さらに大手町を右に折れ、同1時40分ごろ、大手町1ノ7、労働省前に来た時、後席を振り向きざま八木下さんに切りつけ、左頸部に全治10日間の傷を負わせ、佐藤運転手と八木下さんをその場に降ろし、自分が運転して神田橋まで行き、そこで小使の金山さんを降ろし、東京駅に向かって走り去ったもので、同3時ごろ、大手町1ノ6、モータープール脇に青塗りダットサンが乗り捨ててあった。さらにそこから徒歩で東京駅方面に逃走。途中から日本橋方面に向きを変えて逃げるのを目撃した人がある。〉

現在捜査は「犯人」の女性関係に焦点が置かれ…

 さらに読売の記事は、容疑者の日大運転手の経歴と女性関係に触れる。

〈 日大運転手は(昭和)20年3月、郁文館中学を2年で中退。いったん母親(45)の実家、北海道・幌泉に帰ったが、23年12月、再度上京。24年2月から日大本部に運転手として勤務したもの。  

 現在捜査は「犯人」の女性関係に焦点が置かれ、昨年夏、友人某の紹介で知り合った北区中里町の女性(19)と、千代田区神田三崎町1ノ32、日大本部3階に住む同大文学部教育学担当教授の長女(18)の2名が背後に浮かび上がったが、

1.22日深夜に至るも、教授の長女は帰宅していない

2.彼女の勤務先、台東区浅草橋1ノ9ノ4、ピアス化粧品に22日は出勤していない

3.「犯人」の父(60)の証言によれば、今月初め、教授長女と知り合ってから急に不良性を発揮し始めた
 

――などの点から教授の長女との高飛び説が果然有力視されるに至った。〉

「教授の長女と付き合うようになってから急に態度がおかしくなり…」

 運転手と女の父親の談話も載せている。

〈 最近態度急変  

 日大運転手の父親の話  私は戦時中、神田で機械工場を相当手広く経営していたが、戦災で焼かれ、現在まで失職。3人の子どもを抱えて売り食いをしてきた。息子は月収3100円(現在の約2万6000円)を取っているが、家計を助けるどころか、かえって母親から小遣いをせびっていくくらいだった。けさ(22日)も電車賃30円(同約250円)を持って行った。日大教授の長女との交際前にも北区の女性と付き合っていたが、教授の長女と付き合うようになってから急に態度がおかしくなり、エロ本を読んだり、帰宅時間が不規則になったり、金遣いが荒くなったりして不良じみてきていた。〉

〈 まさかあの娘が 教授の談  

 日大運転手と逃避したのではないかとみられている女は昨年9月から本年3月にかけて関西方面に家出したことがあり、性格は戦後派娘の典型で、父教授は彼女につき、次のように語っている。
 

 きのう、合いオーバー2着とスカート1着を風呂敷に包んで持ち出したので不思議には思ったが、あの子がそんなことになるとは考えられない。現在マネキンとして勤めているピアス化粧品に入る時も父の私と一緒に入社試験を受けに行った。母親とは長崎県で戦災に遭って以来別居しているが、最近住宅が見つかったから、皆で一緒に暮らすことを楽しみにしていた。男女の交際も私には全部打ち明けていたが、日大運転手とのことは話さなかった。〉

「戦後派娘の典型」と書くあたり、当時のメディアも現在と同様、レッテル張りが得意だったようだ。3紙とも容疑者と女の写真などを掲載。この段階で事件の全体像は見えていた。自分が勤めている大学の、自分も運んでいる金を奪ったのだから、犯行は見え見えで容疑者が割れるのは容易。逮捕も時間の問題と思われたのは間違いない。

「女にもてたアプレ型やくざの標本 」

 9月23日付夕刊(朝日、毎日は24日付)段階では、朝日と毎日が「運転手も共犯の疑い」「運転手にも疑い」と報じた。佐藤運転手が同僚の容疑者運転手と親しく、示し合わせた疑いがあるということだろうが、後で容疑が晴れる。

 毎日は容疑者を全国に指名手配したことと併せて、容疑者は「最近、五反田、新橋、銀座などでダンスにこり、“ジョージ・ババ”とあだ名されるほど顔を利かせ、女関係も多く、彼をめぐって数名の女が犯罪の陰にあるらしい」と女性関係について詳しく書いている。

 同じ日付の読売は、女のもう1人の恋人として19歳の学生が名乗り出たことを報じている。それによると、8月ごろ、知り合ったが、女には日大運転手の恋人ができたため三角関係となり、9月16日には女の家で3人で会った時、日大運転手から「手を切ってくれ」と迫られた。

 事件があった9月22日午前、女は学生を京橋の喫茶店に呼び出し「きょう家出した。もしものことがあったら、あなたの家に置いてくれ」と言った。午後5時ごろ「寄る所がある」と言って別れたが、その際、女に「今夜やっかいになるかもしれないから、午後9時五反田駅で待っててくれ」と頼まれ、その通りにしたが、彼女は現れなかったという。

 捜査で東京駅の一時荷物預り所で教授長女が家から持って出た衣類が発見された。当時は夕刊紙だった東京は24日付(23日発行)で、2人の経歴から「北海道か長崎へ飛ぶ?」という見出しの記事を掲載。他紙の24日付朝刊も「都外へ逃走か」(朝日)、「関西へ飛んだか日大ギャング」(読売)などと報じた。

 読売は「美青年・ダンス英会話・腕力・入墨、 女にもてたアプレ型やくざの標本」の見出しで容疑者の人間像をまとめている。当時の一般的な大人の見方がうかがえて興味深い。

〈 ちょっと二世のような感じの美青年で、簡単な会話には事欠かぬ程度に英語も操り、レスリングボクシングの経験もあり、胸に「ジョージ」と入れ墨しているという典型的な戦後派型やくざで、女にもてたらしく、彼をめぐる女には、一緒に高飛びしたとみられる日大教授長女をはじめ、五反田ダンサー(22)、北区中里の女性(20)ら数名あり、ある女性とは(昭和)23年暮れ、けんかを売ってきた与太者を一撃の下にノックアウトしたことが機縁で結ばれるなど、若い男女の在り方は、いまさらながら捜査当局を驚かせている。〉

「日大ギャング捕らわる 逃亡50時間」

 そして、稚拙なドラマはあっさりエピローグを迎える。9月25日付朝刊各紙は一斉に社会面トップで逮捕を報じた。日大運転手名前を冠して「日大ギャング○○捕らわる 愛人と大井に間借 逃亡50時間 旣 (既)に卅(三十)万円費消」が見出しの読売の記事のリード部分は――。

〈 さる22日白昼、銀行帰りの日大ダットサンを襲い、校金190万円を強奪した日大運転手(19)は“高飛び”の捜査当局の見込みを完全に裏切って、品川区大井庚塚町(現大井7丁目)に愛人の日大教授(45)の長女(18)と潜伏しているのを24日午後3時半、密告により大森署が探知。同署では午後4時半、12名の警官を動員して隠れ家を包囲、ものものしい警戒裏に両名を逮捕した。事件発生以来約50時間のスピード検挙だったが、この間に消費した校金は30万円の巨額に達していた。〉

 30万円は現在の約250万円。その後の調べで、実際に使ったのは約13万円(同約108万円)と分かったが、それでも50時間のうちに男女2人が遣う金としては巨額だった。犯行の動機については朝日の記事を見よう。

〈 日大運転手は日大教授長女について「彼女もうすうす知っていると思う」と次のように自供した。  

「彼女のことは好きだった。今月の14日、彼女の父親の留守中に関係ができた。その後も関係を続けていたが、父親に見つかってしかられた。彼女はそれを気にして家を出たいと相談を持ち掛けてきた。金がないので、家出するには何か悪いことでもしなければ金の工面はつかない。後で後悔するようなことはないかと言ったが、彼女は『後悔はしない。決心している』ということだったので、1週間ほど前に心を決めた。ちょうど22日には日大で月給を取りに行くことを知っていたので、(彼女と)夜に落ち合う約束をしてダットサンを襲った」〉

「二世でも貸していただけますか」

 犯行後の足どりについては読売が詳しい。

〈 まんまと190万円を奪い取った日大運転手は自動車を大手町交差点で乗り捨て、東京駅に向かって歩いたが、どうも危ない気がするので、東京駅前で通りかかったハイヤーで品川駅に行き、ここで国電に乗り換え有楽町駅まで戻った。同夜日大教授長女と会う約束があったので、それまでの時間つぶしに日比谷映画へ入り、暗くなってから外へ出て、有楽町から銀座まで歩いて出て、その途中、店で洋服や下着類を買い求めた。  

 彼女との約束で銀座7丁目交番そばの喫茶店に行き、そこで落ち合った。会うとすぐ自動車を拾い、2人で国電目黒駅のそばの旅館「紅葉」に一泊。翌朝読売新聞を見て「二人一緒にいては危ない。彼女に家を探させて別々に住んだ方がいい」と考えた。「もう逃げられない。一緒に死のう」とも思ったが、彼女の顔を見て「ここまできては仕方がない」と成り行きに任せる決心をし、彼女に家探しを頼み、23日昼すぎ、有楽町に出た。有楽座で4時まで映画を見て表に出たが、危機感がつきまとい、京橋方面へ裏通りを歩いた。〉

 一方、日大教授長女は別れてから芝新橋の不動産屋に立ち寄って間借りを依頼。そこの社員と連れ立って昼ごろ、大森駅前の住宅あっせん会社に現れ、その足で、同社に貸間を依頼していた品川区大井庚塚町の会社員宅を訪れた。

「二世でも貸していただけますか」と持ち掛けて同家の6畳応接間(洋間)を借りることで契約。夕方7時ごろまで休憩した後「主人が大阪から帰るから迎えに行く」と言って外出し、午後8時ごろ、銀座のキャバレーで運転手と会った。9時ごろ、2人は部屋に行き、この夜は布団を借りて寝た。

 翌24日は大家を交えて昼からビールで酒盛りを始めたが、左腕に入れ墨があるのを大家の妻が発見。注意して見ると、2人の持ち物は全部いま買ったと思われる新品ばかりで、どうも様子がおかしいと妻が実家に通報。妻の母がやってきて、男の右目の下にほくろを焼いて消そうとしたあざがあり、会話の間に英語を交えることに気づいた。怪しいと思い、帰宅後、大森署に電話で届け出たという。

「二世だ。運転手の男ではない」と言っていたが、英語がろくにしゃべれず…

 逮捕時の模様は毎日を見なければならない。

〈 両人は犯行の日の翌日、23日お昼ごろ、大田区新井宿の家屋周旋業者を通じて、品川区庚塚町の会社員方に「武田」と称して下宿し、身をひそませていたもので、大森署員が立ち回った時には、6畳間のダブルベッドに2人はしどけない姿で寝そべっていたが、刑事から同行を求められるや、日大運転手は女に向かい「オー、ミステーク、ミステーク」と叫んでいた。はじめ「二世だ。運転手の男ではない」と言っていたが、英語がろくにしゃべれず、ばれると泣き出す始末。また、懐中に千円札で約20万円を持ち、残金はボストンバッグに詰めていることなどで犯人に間違いなしと見て2人を丸の内署に移送。取り調べの結果、包みきれず、運転手がまず自白したものである。〉

 ここに一世を風靡したセリフが登場した。鷹橋信夫「昭和世相流行語辞典」は「それは、悪いことをしたという罪の意識のない、アプレの本性を示すとっさの言葉だった」とした。いかにも刹那的で無軌道で反道徳的な「アプレ」のイメージを決定づける語句だったといえる。

 それをさらに補強したのが朝日に載った1枚の写真。「大森署で『人違いだ』とふんぞりかえる日大運転手(右)と同行の日大教授長女」という説明が付いていた。2人ともイスに座ってカメラの方を見つめている。

 服装は、朝日の記事で「男はコール天の薄茶の上着、薄茶のズボンチョコレート色短靴、薄茶のワイシャツにノータイという真新しい茶色ずくめにミルキーハットという服装。女は薄茶のツーピースに黄色のセーター、黒の中ヒールノーストッキング」。

 ミルキーハットとは「メッカ事件」でも登場した布製の軽い中折れ帽。肖像画のようにも見え、強盗傷害犯とその女という後ろめたさ、暗さは全くない。あっけらかんとした感じ。戦前には見られなかった新しいカップル像だったといえる。

オー・ミステーク」は記者の創作?

 ところが、実は「オー・ミステーク」という言葉は朝日、読売の記事には登場しない。朝日は、大森署の捜査主任らが同行を求めに行くと、日大運転手は「ああ、そうですか。それではちょっと着替えますから……」と落ち着き払って応対したと書いている。読売は逃走中のいきさつは詳しいが、連行時の言動の記述はない。その後の続報にも「オー・ミステーク」は見えない。そのため、後になって「記者の創作だともいわれる」と書いた文章もあった(乾孝編「現代の心理1 青年の心理」)。だが――。

 事件直後に出た「週刊朝日」1950年10月15日号の「事件の山を追って」という特集記事は、「裏話を(朝日の)担当記者に語ってもらった」として「オー・ミステーク」事件も取り上げている。それによると、逮捕当日の午後4時ごろ、記者が大森署の刑事部屋へ行くと、刑事たちが「これから190万円の強盗犯を捕まえに行く」と言う。

 同じ車で向かい、捜査主任と刑事2人と一緒に間借りしている部屋に乗り込むと、男が立ち上がって「何ですか」と聞いた。主任が「ちょっと署まで来てください」と言うと「そうですか。いま洋服を着ますから待ってください」と答えた。記事でのそれからの記者同士のやりとり。

〈A 「オー・ミステーク」なんて言ったんだろう。

B それは後だよ。2人が服装を整えるのを待って、非常に紳士的に連行したんだ。例えば、普通は男と女は引き離すんだけど、一緒に自動車に乗せてね。その車の中で「オー・ミステーク」だとか「この家を借りたのが失敗だった」とか言ったよ。男は全部英語でね。女は「ミー」とか「ユー」とかいう英語を交ぜて話してたナ。〉

 この通りだと「オー・ミステーク」と言ったのは事実だが、「部屋を借りたことでアシがついたのが失敗だった」という意味のように取れる。ほかに、大森署に連行されて取り調べを受けた際の発言だとする資料もあり、詳しい点ははっきりしない。

 ただ、刑事たちに踏み込まれて、大げさに手を広げて叫ぶのとはイメージがだいぶ違うことは確かだ。朝日に掲載された写真についても語っている。

〈A 大森署の2人の写真はよかったナ。

B あれはまだ自供しない時でね。向こうもごまかしてたけど、こっちもうまく撮ろうと思って、ドアを開けてすぐパッとやれるように苦心してたよ。ドアから2間(約3.6メートル)ばかり向こうに男がいてね。それをパッと撮ったら「ミー・エキストラ」と言ったんだ。
 

A あの英語は愛嬌もんだナ。

B だけども、運転手も教授の長女も落ち着いてた。ちっとも動揺してるふうがないんだ。〉

「父から逃げたかった」教授の娘と逃走した美青年の現金強奪事件裁判…裁判で大きく別れた2人の“その後” へ続く

(小池 新)

日大ギャング事件の第一報(夕刊朝日)