―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―


子どもアニメや漫画を見せるべきか?」は、「インターネットを使わせるべきか?」とともに、子育て世代で論争になるテーマのひとつ。例えば、『鬼滅の刃』はPG12指定されたものの、「見せるべきではない」派の親も多く存在する。著者『僕が親ならこう育てる』で子育て&教育論を上梓したひろゆき氏は、この問題をどう考えるのか?

◆「見せない理由」をちゃんと説明できるかどうか

――『鬼滅の刃』を「子どもに見せない」という点についてどう思いますか?

ひろゆきたしかに首が跳ね飛ぶグロテスクな描写のある漫画やアニメを見た際にショックを受ける子どももいるので、見せないという意見はわかります。ただ、「子どもに漫画やアニメを見せる/見せないの基準」というのがあって、それは子どもにダメな理由をきちんと説明できるかどうかだと思うんです。

 12月から『鬼滅の刃』は「遊廓編」に突入するわけですが、「遊廓編を子どもに説明できない」という理由で見せないのは少し違うかな、と。日本の歴史上、花魁は実在しましたし、そういう事実は事実として学ばせてあげればいいと思います。

 僕は三国志水滸伝、史記や戦国時代ナポレオンフランス革命時代と、世界史日本史の知識の多くを漫画で学びました。

 イタリアルネッサンス期は『チェーザレ』、北欧のバイキング知識は『ヴィンランド・サガ』、古代ギリシャ時代は『ヒストリエ』。最近だとアイヌ民族の文化を漫画の『ゴールデンカムイ』で……高校生のときには『週刊少年ジャンプ』で連載していた前田利家の甥、前田利益主人公にした漫画『花の慶次』で戦国時代に興味を持ち、原作である歴史小説『一夢庵風流記』まで読んだものです。

◆漫画の力を借りれば、子どもは自発的に歴史や文化を学ぶ

――たしかに知識を得たきっかけが漫画だったという経験は珍しくありません。

ひろゆき世の中には「歴史を知りたければ、漫画ではなく、歴史書で」と考える人もいますが、普通に生活していたら歴史に興味を持つ機会は少ない。

 しかし、漫画の力を借りれば、子どもも「読んでみよう」となり、結果として歴史や文化を学べるわけで、役に立つ漫画やアニメもあるのに「けしからん!」と十把一絡げに禁止するのは、内容を知りもしない親の先入観だったりするんですよね。

◆「なんとなく」で禁止すると、子ども好奇心を殺してしまう

――でも、漫画ばかり読んでいると、知識が増えない気がしてしまうのも親心です。

ひろゆきしょうもない恋愛漫画を読んでも、何の知識も増えないので、それには同意ですけどね。でも、「下品な描写を真似るから読ませたくない」と親が考えても、子どもはどうせ親にバレないようにどこかで見ます。そもそも、そんな描写から遠ざけるなんて、学校に通っている時点で不可能です。

 どうせ覚えてしまうのなら禁止しても意味ないし、覚えたからと言ってすべての子どもが真似するとは限りません。自分の子どもを信じてあげることから始めたらどうでしょうか?

 業界団体による年齢制限とか推奨年齢とかも、その基準がすべての子どもに対して正しい基準というものではありません。漫画やアニメを「なんとなく」で禁止してしまうのは、ただ単に子ども好奇心を殺してしまうだけだと思うのです。

ひろゆき
西村博之(にしむらひろゆき1976年神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―


ひろゆき