手櫛をしながらドライヤーをかけるのは大丈夫

手櫛をしながらドライヤーをかけるのは大丈夫?
毎日お風呂上り髪の毛を乾かすのがちょっと面倒だと思いませんか?

手櫛のドライヤーはだいじょうぶなのか、もし手櫛で乾かすならどんなポイントに気を付けたらいいのか、気になるポイントを解説します。

手櫛をしながらドライヤーをかけるのは大丈夫?

シャンプー後は必ず乾かすこと

シャンプー後、髪の毛が濡れた状態のまま放置しておくと、髪の毛表面のキューティクルが開いたままになり、髪の毛ダメージを受けやすくなるため自然乾燥はNGです。

また、濡れた状態が続くと頭皮に雑菌が増えやすくなり、臭いの元となります。

シャンプーしたあとは必ずドライヤーで乾かしましょう。

手櫛でもだいじょうぶ?

片手にドライヤーを持ち、もう片手にブラシを持って乾かすことは意外に難しいものです。

また、濡れた髪の毛に目の細かい櫛を使うと髪の毛の表面を傷つけてしまう恐れがあります。

そのため、手早く簡単に、髪の毛を傷めず乾かすのなら手櫛がおすすめです。

手櫛で髪の毛を乾かすときに気をつけること

タオルドライをしっかりと

まずは余分な水分をタオルでしっかり取ることです。

このとき、くれぐれも髪の毛はこすらないように気を付けましょう。

先にタオルを頭にかぶせて、頭皮の水分をタオルに吸い込ませます。頭皮マッサージイメージすると簡単です。

次に髪の毛タオルで挟んで水分を吸い込ませてください。ポンポンと叩いてもOKです。

くれぐれもゴシゴシと髪の毛に摩擦をあたえないように注意しましょう。

ドライヤーを小刻みに動かす

ドライヤーの熱を一か所に長くあててしまうと、熱によってキューティクルが傷んでしまいます。

ドライヤーを振って小刻みに熱を与えるよう意識してください。先に頭皮を乾かし、そのあと指で髪の毛をすきながら乾かします。

髪の毛髪の毛ドライヤーの風が通りやすいように、空間を作りながら乾かしましょう。

特に根元や耳の周り、襟足は乾かしにくいので先に乾かすと髪の毛ハネたりせず落ち着きます。

最後に冷風をあてて髪の毛の熱を逃がすことで、艶のある髪の毛に仕上がりますよ。

ドライヤーの仕上げに冷風を当てるとツヤ髪になれるって本当?