韓国軍合同参謀本部は28日、北朝鮮が東側海上に向け、未詳の飛翔体を発射したと発表した。

防衛省はこれについて、弾道ミサイルの可能性があるとしている。

2019年7月25日、北朝鮮が発射した「新型戦術誘導兵器」。5月に発射した短距離弾道ミサイルと同種と見られる(2019年7月26日付朝鮮中央通信)