ローソンは、7月20日8月30日に実施したタンブラー持参で「MACHI cafe」のコーヒーなどを39円引きとするキャンペーンで、期間中のタンブラー利用が約2.5倍になったと発表した。その結果、蓋に使用するプラスチック約0.7トンの削減につながったとしている。

【画像で詳しく】

 このキャンペーンは、プラスチック削減の視点からローソン社内でアイデアを募集し実現した。利用者からは「日ごろからマイボトルを持参しているのでうれしい」「プラスチックごみが気になるのでタンブラーを利用したい」という声があがったという。

 2011年に導入した「MACHI cafe」では、当初からタンブラーなどの容器持参で、10円値引きする取り組みを実施していた。同社は今後もこの取り組みを継続し、プラスチック削減に取り組んでいくとしている。

 30年には17年度対比で容器包装プラスチック使用量の30%削減を目標としているローソン9月14日からは東京都埼玉県千葉県の約30店舗で、蓋付きの容器を持参するとおでん5個購入ごとに39円引きとする「おでん鍋割セール」を実施している。

 同社は「今後も地球環境に配慮した商品を発売するとともに、時代の変化に合わせた取り組みを行っていきたい」とコメントしている。

(画像提供:ゲッティイメージズ)