大阪市内のテーマパークユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)は9月28日、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を拡張して「ドンキーコング」をテーマにしたエリア2024年に開業すると発表した。敷地面積は1.7倍に広がる。

【その他の画像】

 現在の「スーパーマリオ」をテーマにしたエリアに隣接する場所に建設する。エリア内には緑豊かなジャングルが広がり、新しいコースター型のライド・アトラクションが登場するという。飲食や物販も行う。

 任天堂の代表取締役フェロー、宮本茂さんは「ドンキーコングのちょっとスリリングな体験を準備中。シリーズを遊んだことがない人でも楽しめるユニークな体験エリアを作り上げたい」としている。

 ドンキーコング任天堂1981年リリースしたアーケードゲーム。以後はスーパーファミコンなど家庭用ゲーム機でシリーズ作を展開し、累計販売本数は6500万本(全世界、21年3月時点)を超えた。

USJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」に「ドンキーコング」をテーマにしたエリアが登場