小学館の児童誌『幼稚園』公式Twitterが、12・1月号(11月16日発売、1280円)の付録は、「アメリカ横断ウルトラクイズ」に登場した「ウルトラハット」と発表しました。あの、早押しボタンを押すとハテナがポーンって出る帽子!

【その他の画像】

 アメリカ横断ウルトラクイズは、日本テレビ系1977年から1992年にかけて放送された伝説的なクイズ番組(1998年に復活版が放送)。参加者たちが勝ち残るたびに、羽田(成田)からサイパンやグァムを経てアメリカ大陸を進み、最終決戦の地ニューヨークを目指す壮大なスケールが特徴で、過酷な罰ゲームを受けたのち強制送還される、敗北者の悲哀も語り草となっています。

 付録では、参加者が早押し問題の際にかぶっていた帽子と、解答者席の台を縮小して再現。ボタンを押すと番組と同じ効果音が鳴り、ハテナマークが立ち上がります。

 セルフレジやUFOキャッチャーなど、近年本格的な付録で注目を集める『幼稚園』だけに、今回のウルトラハットも「むしろ大人が欲しい」「ニューヨークに行きたいかーっ!」と一躍話題に。ただ、元ネタが20世紀の番組とあって、「子どもは知らないだろ」「親世代というか、祖父母向け?」「今年は本当に2021年なのか」などと不安がる声もみられます。

予告の右上には、番組について「おうちのひとにきいてみよう!」と記載。ひょっとするとおうちの人も知らないかもよ!