子育て中のママ向けコミュニティサイト「ママスタ」で連載されていた4コマ漫画「妻の飯がマズくて離婚したい」が、9月28日掲載の第30話でついに完結しました。「食事」という家庭内の一大問題にまつわるトラブルを描いた内容に、ネット上では連載中から大きな反響が寄せられていました。

【「妻の飯がマズくて離婚したい」をまとめて読む】

 「妻の飯がマズくて離婚したい」は、原案・ママスタコミュニティ、脚本・渡辺多絵、作画・もちというスタッフで、9月7日から連載が始まった作品。主人公ミナミは3人の子どもを育てている兼業主婦で、夫のアツシはフルタイムで働くサラリーマンという家族構成です。パートをやりながら3人の子どもを育てる……聞くだけでも大変そう……。

 そんなミナミですが、目下の悩みは今後の子どもたちの教育費やそのための節約。もうひとつ「料理が苦手」という悩みもなくはないのですが、食べ物なんてお腹に入れば同じだし、今後のことを考えると節約が一番大事。とりあえず現状食べられるものはできているからそれでよし、という考えで生活しています。

 そんなある日、仕事から帰ってきた夫アツシの態度がなにやらおかしいことに気づいたミナミ。問い詰めてみると、アツシが出してきたのはコース料理の領収書! しかもお値段は1人前1万2000円! 節約が大事、食事にお金をかけるなんて一番もったいない……そう考えて生活してきたミナミは、高いご馳走を一人だけ食べてきたアツシに怒りをぶつけます。

 しかしアツシから出た反論は、「自分は本当はもっと食事を楽しみたい。食事にリソースを割くのを極端に嫌がる、ミナミの考えにはもうついていけない」というものでした。自分は3人の子どもの面倒を見ながら苦手な料理までやっているのに、なんて勝手なことを! キレたミナミはアツシに当たり散らし、あわや2人は離婚の危機……! いやいや、まだその結論にたどり着くのは早いって! 一回冷静に話し合った方がいいって!

 かつて2ちゃんねるの「嫁のメシがマズい」スレッドが大いに盛り上がったように、料理にまつわるすれ違いは夫婦間の永遠のテーマの一つでもあります。

 漫画はこの後、食事に興味のないミナミに対するアツシの気苦労、そして手に入る食材に一手間かける食事を楽しんでいたアツシの実家の話へ移行。さらに、ミナミと同じく料理が適当で、「お腹に入ったら同じなんだから、食事に時間やお金をかけるだけ無駄」という価値観の原因となった、ミナミの母親の話へと移っていきます。

 確かに、食事に関する価値観は各家庭の習慣から来る差が大きいし、その分結婚後に夫婦間の違いに驚いたり、揉める原因になったりしがち。そういった家庭的なバックボーンまで踏み込むことで、単純にミナミかアツシを悪者にしてしまう展開に持ち込まなかった「妻の飯がマズくて離婚したい」のバランス感覚は鋭いものです。センセーショナルなタイトルですが、丁寧に作られた作品であることをうかがわせます。

 というわけで、ミナミはアツシの食事に関する興味とこだわりを理解し、溝を埋めることができるのか。そして些細ながら重大なズレから始まった2人の離婚の危機は、果たして回避できるのか。気になるラストは、ぜひ本編最終話をご覧ください!

画像提供:ママスセレクト

「ミナミの作る料理は美味しくないんだ」の一言から大荒れに