三井住友DSアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:猿田隆)は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを日々発行しております。このたび、マーケットレポート「『岸田新総裁』の政策と市場への影響」を2021年9月30日に発行いたしましたので、お知らせいたします。

<今日のキーワード

9月29日に行われた自民党総裁選では岸田文雄氏が勝利しました。これを受け、『岸田新総裁』は今後第100代首相となります。『岸田新総裁』は数十兆円規模の経済対策を打ち出す意向を示しており、金融政策についても2%の物価安定目標を変更する必要はないとの認識を示しています。


ポイント1】岸田氏が自民党総裁選で勝利
9月29日に行われた自民党総裁選では岸田文雄氏が勝利しました。『岸田新総裁』は今後第100代首相となります。
■『岸田新総裁』は苦戦が予想されていた第一回投票でも一位となったことで、議員、党員の双方から事前の予想を上回る支持を集めたと言えます。

ポイント2】数十兆円規模の経済対策実施へ
■『岸田新総裁』は過去に財政再建に前向きな姿勢を示しており、日銀による金融緩和に対しても出口戦略を意識させるような発言をしたことがあります。こうしたことから、今のところ株式市場からは必ずしも好感されているとは言えません。
■しかし、直近で『岸田新総裁』は数十兆円規模の経済対策を打ち出す意向を示しており、金融政策についても2%の物価安定目標を変更する必要はないとの認識を示しています。また、財政拡大や金融緩和継続に積極的な、安倍元首相に近い議員の重要ポストでの処遇も取りざたされています。


【今後の展開】市場への影響は大きくないと想定
■こうしたことから、『岸田新総裁』の勝利が市場に及ぼす影響は大きくないと考えられます。新内閣の顔触れや近く実施される衆院選の動向によっては、日本の政治が市場に影響する可能性があるものの、これらも概ね織り込まれていると判断されます。
■菅氏の首相退任表明から日本株は海外株対比で上昇してきました。今後は再び日本企業のファンメンタルズに目が行く展開が想定されます。日本株は企業業績の伸びを背景に今後も上昇を続けると見られます。


重要な注意事項
・当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
・当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
・当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
・当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
・当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
・当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
・当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。


【三井住友DSアセットマネジメント株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

配信元企業:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ