(舛添 要一:国際政治学者)

JBpressですべての写真や図表を見る

 9月29日に行われた自民党総裁選で、河野太郎高市早苗野田聖子を抑えて、岸田文雄が当選した。

 だが俯瞰して言えば、最大の勝者は安倍晋三前首相と麻生太郎副総理であり、逆に本命視されながら敗れた河野太郎と同等のダメージを受けたのが、石破茂元幹事長と小泉進次郎環境相、そして二階俊博幹事長と言えるだろう。

議員票の少なさに見る河野太郎の人気のなさ

 第一回投票(国会議員票・党員票)では、岸田256146110)票、河野255(86・169)票、高市188114・74)票、野田63(34・29)票であった。事前の予想に反して、1票差とはいえ、岸田が1位になった。

 決選投票では、岸田が257249・8)票、河野が170131・39)票で、「岸田文雄総裁」が誕生した。次期首相である。

 河野は伸び悩んだが、その理由は、選挙期間中の発言にぶれがあったことや、反原発の姿勢や年金制度改革提案などが保守層の反発を買ったと思われる。小泉や石破が支援することが、安倍晋三麻生太郎など長老の反発を買ったのである。「小石河連合」というのはむしろ逆効果であり、小泉や石破は疫病神であった。支持率低下で退陣する菅義偉首相が支援したこともマイナスであった。とくに、決選投票では派閥の意向が強く働くので、これは決選投票シフトとしては最悪であった。

 河野は、党員票でも44%しか獲得できなかった。当初は6割という数字が予想されたことを考えると、選挙期間中に失速してしまったと言える。別の言い方をすれば、党員票で6割以上を獲得できなければ、決選投票で敗れることは予測されていたのである。しかも、国会議員票では、高市の後塵を拝する結果となってしまった。石破や小泉の影響だけでなく、いかに河野本人が議員に人気が無いのかがよく分かる。

 議員票で2位に躍り出た高市は、予想以上の得票をした。当初は、保守岩盤支持層向けのアピールとして安倍が担ぎ出した感じであったが、選挙戦中に右寄り路線を堅持し、それがネトウヨなどの評価を高めることになった。評価が低下した河野と逆のパターンである。一時は岸田を抜いて、2位に躍り出て河野との決選投票に臨むのではないかという観測すら出たくらいである。

 安倍は、決選投票では高市票を岸田に回すよう根回しをしており、実際にそのようになって岸田が勝ったのである。キングメーカーとして、これからも安倍は党内で影響力を行使するであろう。

沈む石破・進次郎・二階

 石破は、私が閣僚(厚労大臣)を務めた麻生内閣で、農水大臣だった。石破は閣僚の立場でありながら総選挙前に麻生に退陣を求めていた。そのため麻生は石破を許さないのである。その石破の支援を受ける河野を麻生が支援するはずはない。河野が麻生派に所属していても、である。

 小泉進次郎カリスマ性も地に墜ちてしまった。環境大臣としての業績は見るべくもなく、世間受けする「人寄せパンダ」の役割を果たせても、メッキが剥がれた以上、今後の活躍はあまり期待できない。そもそも、細田派は岸田か高市を支持するという方針だったのであるが、それに反して河野の旗振り役になってしまったことに所属メンバーの多くが不快感を抱いた。小泉純一郎首相を輩出した派閥としては、どの派閥にも属していないとはいえ息子の“反乱”は許せないのである。

 岸田の人事では、河野太郎は広報本部長に任命されたが、これは安倍・菅政権での重要閣僚というポストからは明らかに降格である。

 党税調会長で麻生派甘利明も、総裁選では岸田を支援した。甘利は、河野、菅、小泉と同じく神奈川県が選挙区である。元経産大臣としては、原発反対派の河野は承認しがたいし、小泉や菅に対しても不快の念を隠さない。そこで、反河野で麻生派の票を岸田へと引き剥がしたのである。その功績で、甘利は幹事長という党の要職に遇されることになった。

 自民党神奈川県連は、菅の号令の下、横浜市長選で小此木八郎を支援したが敗北した。今後は神奈川県連における甘利の影響力が強まりそうである。

 野田については、候補者が3人よりも4人のほうが決選投票になる可能性が高まるとして、引っ張り出された感じである。1回目の投票で、河野に決まるのは何としても避けたいという長老たちの思惑が働いたようである。とくに、総裁選が始まる前には、各種世論調査で河野の人気がダントツであり、その可能性も排除できなかったからである。そこで、票を割るために、第4の候補が不可欠だったのである。

 しかし、にわか作りであったために、政策的には生煮えの感じであり、女性、子供、障害者といった自らの個人生活に直結する問題以外では、たとえばTPPへの中国加盟問題など、的外れな回答が多かったようである。とはいえ、二階幹事長などの指示で、野田は予想以上の議員票を集めることができており、総裁選立候補が念願であった野田としては、予想以上の成果であったと言えよう。

 決選投票では、長老たち、そして派閥の締め付けが効いた。竹下派は、決選投票では岸田を支持することを前日には決めている。二階派も、岸田以外の3候補に推薦を出し自主投票としていたのだが、表だっては言わないが、直前になり河野には票を入れない方針を固めたようである。皆、「勝ち馬に乗る」戦略にしたのである。

「右寄り」高市と「左寄り」河野を避けた票が「中道」の岸田へ

 新総裁となった岸田は人事に取りかかったが、党4役については、「甘利幹事長」の他は、高市政調会長、福田達夫総務会長、遠藤利明選対委員長となった。また、副総裁が麻生太郎である。さらに小渕優子が組織運動本部長、高木毅が国対委員長、梶山弘志が幹事長代行である。

 明白な論功行賞人事である。注目すべきは二階派が党4役から外されたことである。役員任期の短縮を宣言した岸田と対立した二階派も、前述のように結局は「勝ち馬に乗る」戦略で、最後は岸田側についた。しかし、「時すでに遅し」だった。その時点で「岸田勝利」の流れは出来上がっており、二階派による支持は「岸田勝利」に大きく貢献することはなかった。

 こうした経緯もあり、岸田は二階の影響力を殺ぐ人事を行い、逆に、まだ政治歴も浅い細田派の福田達夫という若手の抜擢で応じたのである。

 閣僚人事については、麻生の後任の財務大臣に麻生派の鈴木俊一前総務会長を据え、官房長官には細田派の事務総長である松野博一元文科大臣を当てる。安倍・菅政権下で進んだ「政高党低」路線を是正し、党の意向も十分に尊重できる体制を構築できるかどうか、新官房長官の手腕にもかかっている。

 改めて総裁選を振り返ってみれば、岸田の勝利は、いわば「消去法的勝利」と言える。靖国参拝、選択的夫婦別姓反対など、右に触れすぎた高市、そして原発反対、年金制度改革提案など野党や左翼とあまり変わらない政策を打ち出した河野という左右両極端に対して、中道的な立ち位置が安心感を与えたのである。しかし言い方を変えれば、それは無味乾燥で、特色もなく、パンチ力を欠いた政策提言ということでもある。

 ただし岸田文雄新総裁は、野党にとっては最も戦いにくい相手だ。右路線の高市、異端児の河野、政策が熟していない野田が相手なら突っ込みどころが満載だが、中道、穏健、しかもアベノミクス批判ときているので、野党は攻撃しにくい。こうして、菅内閣は去るが、自民党の支持率は回復し、総選挙は安泰なような雰囲気になっている。

 政権と国民の間で対話が不足していることに対して、岸田は「わが国民主主義の危機」と何度も繰り返したが、安倍・菅政権下での「忖度政治」、「一強政治」を終わらせることができるのか。岸田当選の背後には安倍の影響力があり、この点では野党の攻勢は続くであろう。

総裁選の結果にもその後の人事にも、安倍と麻生は大満足

 その点でも、今回の総裁選で繰り広げられた長老たちを中心とする権力闘争は興味深い。終始主導権を握ったのは、安倍晋三麻生太郎甘利明の三人で、いわゆる「3A」である。3Aが二階や菅に勝ったのである。

 安倍が推す高市には政調会長のポストが与えられ、官房長官には細田派の松野が就いた。安倍は大満足だ。福田も細田派である。安倍の高笑いが聞こえる。麻生も、盟友の甘利を幹事長に据え、義理の弟である鈴木を後任の財務大臣に就任させた。論功行賞に「我が世の春」を満喫している。

 しかし、この状況は、もともと目立たず、河野のような国民的人気もない岸田が首相としてイメージアップを図るのには必ずしも好ましい環境とは言えまい。

 決選投票で安倍の支援を受けた以上、森友・加計、「桜を見る会」の調査には消極的にならざるをえない。また、アベノミクスを見直し、新自由主義と訣別すると言うが、具体的にどのような政策を打ち出すのか。いつまでもデフレが終わらず、給料が上がらない状態に、多くの国民は閉口している。この状況を一刻も早く改善しなければならない。

コロナ対策で測られる岸田政権の実行力

 そして、岸田にとって何よりも大事なのは新型コロナウイルス対策である。9月末日を以て緊急事態宣言は解除された。年初から9カ月間にわたって各種の規制が続いてきたが、その間、飲食・観光業界を始め、苦境に立たされた人々は多い。経済を再始動し、国民の生活を守るための具体的政策が必要である。

 年末には感染の第6波が到来することが確実視されている。ワクチン接種は国民の半数以上が完了しているが、デルタ株やミュー株など、次々と強力な変異株が生まれており、油断大敵である。

 病床の逼迫がまた起これば、第6波は第5波よりも深刻になるかもしれない。過去1年半の日本のコロナ対策の失敗は、単に安倍・菅政権の責任にとどまらず、尾身茂会長を頂点とする政府御用達の感染症専門家たちの責任でもある。岸田は、尾身会長の更迭など専門家の会議の抜本的な改組をしなければ、コロナ対策でまた失敗し、自身の内閣支持率の低下を招くであろう。

 専門家会議の改組は、サボタージュする厚労省官僚機構への挑戦でもある。それくらいのことをしないと、霞が関は変わらない。外務大臣時代に外務省内に波風を立てず、役人受けの良い岸田だからこそ、荒療治は効果がある。私は、この点を注意して見ている。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  人気頼みの河野と捨て身で出た岸田、勝負は端からついていた

[関連記事]

「岸田総裁」に期待する台湾、一世紀以上前から続く岸田家との縁

外相時代、韓国に翻弄された岸田新総裁は韓国にどう向き合うか

安倍晋三前首相(左)と麻生太郎副総理(写真:つのだよしお/アフロ)