妻と義父母の殺害と解体に手を染めさせられ…死の足音はすぐそばにまで迫っていた から続く

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第74回)。

也さんが死に至るまで

 松永太による緒方純子の親族への連続殺人の企みは、最後の大人に向けられ、その最終段階に入ろうとしていた。

 標的となったのは緒方隆也さん(仮名、以下同)。緒方の妹である智恵子さんの夫である。時期は、1998年4月7日頃のこと。なぜ「頃」がつくかというと、当日について、緒方の記憶が7日または8日とあるからだ。以下、福岡地裁小倉支部で開かれた公判での判決文(以下、判決文)をもとに、その日から死亡に至るまでの状況を振り返る。

平成10年(98年)4月7日ころ、隆也の嘔吐や下痢は、3月下旬ころに比べて頻度が少なくなっていた。松永は、4月7日ころ、当時松永が交際していたK美さん(本文実名)と会うために、隆也に車を運転させて(大分県)中津市内まで赴くことにした。

 

 松永は、中津市内へ出発するに当たり、隆也に対し、「大丈夫か。」と尋ねたところ、隆也は「大丈夫です。」と答えた。松永は、隆也が無精髭を伸ばしているのを見て、人目につきやすいとして、隆也に指示して髭を剃らせた。緒方はその際隆也に付き添っていたが、隆也は洗面台にもたれるようにして髭を剃っていたので、隆也に車を運転させて本当に大丈夫なのかと思った。松永は緒方と(緒方との間の)次男を同行させた〉

うどんセットメンチカツの外食

 午後7時頃に出発し、2時間ほどで中津市内に到着すると、松永はK美さんと会うためにJR中津駅の近くで車を降り、緒方と隆也さんに対して、うどん店で食事をして待つように指示をしている。

〈隆也は、「××うどん(本文実名)」店で、松永に指示されたとおり、親子丼カツ丼と小さいうどんセットを注文した。隆也は、特に体調が悪そうな様子はなく、注文した食事を残さず食べた。隆也は、食事の途中でトイレに立ったが、緒方はそのときの隆也の足取りが覚束ないと思った。緒方は、隆也がなかなかトイレから戻らないので、身体の具合が悪く吐いているのではないかと思い、トイレの前まで行き、「大丈夫ですか。」と声をかけると、隆也は「大丈夫です。」と答えた。その後、松永から電話があり、「もう少し食べていていい。」と言われたので、隆也はメンチカツを追加注文し、残らず食べた。緒方と隆也は、食事を終えた後も「××うどん」店に居たところ、松永から電話があり、店を出て駐車場で待っているように指示された。緒方と隆也は駐車場で松永と待ち合わせ、中津市内から2時間くらい掛けて「片野マンション」(仮名)に帰って来た。緒方は、その間、隆也の体調不良を感じなかったが、正常な状態だとは決して思わなかった。

 

 隆也は、「片野マンション」に到着すると、浴室で(隆也さんの長女の)花奈と一緒に寝た。隆也はスウェットを着て、掛け物を何も与えられず、洗い場に敷かれたプラスチックすのこの上で寝た〉

 3月下旬以降、隆也さんは嘔吐と下痢を繰り返すようになっていたため、食事はそれまで1日に食パン6枚だったものを4枚に減らされていた。そうしたなかで、これほどの食事を一気に摂るのは異例のことである。

死ぬ約1週間前ころから吐き続けていた

 前記公判の検察側の論告書(以下、論告書)には、松永らと一緒にいた広田清美さんによる供述がある。

〈隆也は、死ぬ約1週間前ころから、「片野マンション」の浴室の排水溝に顔を近づけて吐いていた。隆也が吐いた物は緑色をしており、松永が飲んでいたサクロン(胃薬)と似た臭いがした。この時期の隆也は、吐き続けていたという印象が強い〉

 以下、ふたたび判決文からである。

〈翌朝(8日ころ)、緒方が、浴室を覗くと、隆也は、身体を丸めて寝ており、花奈が、緒方に対し、「お父さんが昨夜吐きました。」と言って、嘔吐物の入ったスーパーのビニール袋を2、3袋差し出した。ビニール袋には半分より少ないくらいの嘔吐物が入っていた。隆也は顔と上半身を少し持ち上げただけで、起き上がることはなかった。隆也は、松永や緒方から「寝ていい。」と言われたとき以外は立っているように指示されており、その日以前緒方が浴室を覗いたときに隆也が横になっていたことはなかった。緒方は、よほど具合が悪いのかと思い、隆也に対し、「大丈夫ね。」と声を掛けたところ、隆也は何も答えず、花奈が、「昨夜のうちにこれだけたくさん吐きました。ずっと吐いてるんです。ずっと様子が変なんです。」と言った〉

パンを減らし、通電の制裁はせず

 緒方はすぐに松永のもとに向かい、隆也さんが吐いたことを報告している。

〈松永は浴室に来て、花奈に隆也の様子を尋ねた。松永は、緒方に対し、「昨日××屋で一体何を食べたんだ。」と尋ね、緒方が隆也が前日にとった食事を説明すると、松永は、「具合が悪いときに欲張って油ものなんか食べるから、こんなふうに具合が悪くなるんだ。」と言った。

 

 松永は、緒方に指示して、隆也に1日3回胃薬のサクロン1袋ずつを与えさせた。隆也はサクロンを飲んだが、30分くらいすると吐いた。松永はその日は隆也に食べ物を与えず、花奈に対し、浴室に置いていたペットボトル入りの水道水を隆也に飲ませるように指示したが、隆也は水を飲んでも30分くらいで吐いた〉

 隆也さんは、その翌日になっても状況が変わらずにいた。

〈緒方は、隆也がサクロンを飲んで吐く都度松永にその旨報告したところ、松永は、「サクロンには吐き気を誘導する作用があるから、それで吐いているのかもしれない。」などと言った。松永は隆也に与える食パンの枚数を4枚から2枚に減らした。緒方は、松永の指示を受けて、隆也に対し、1日1回マヨネーズを塗った食パン2枚を与えた。隆也は食パンを食べたが、しばらくすると吐いた。緒方はこのことも松永に報告した。松永は、通常、このような場合食べ物を粗末にしたとして通電等の制裁を加えたが、そのときは隆也に対して制裁を加えなかった〉

胃薬を与えたが、水を飲んでも吐いていた

 翌10日頃になると、隆也さんの状態は前日よりもさらに悪くなったという。

〈緒方は、隆也に対し、1日3回1袋ずつサクロンを与えたが、いずれもしばらくすると吐いた。隆也がサクロンを飲んでから吐くまでの時間が前日よりも短くなった。隆也は、吐くときも上半身を起こさなくなった。緒方は、松永の指示を受けて何回か浴室に行き、隆也の様子を自分で見たり花奈から聞いたりして、松永に報告した。松永が、「そんなに吐くんだったら、もったいないからもう薬は飲ませなくていい。」と言ったので、サクロンを与えなくなり、その後は隆也に対して手当らしいことは何もしなくなった。松永は緒方に指示して、隆也に与える食パンの枚数を1枚に減らした。隆也は食パンを一旦は飲み込んだが、すぐに吐いた。隆也は水を飲んでもすぐに吐いた〉

 すでに悪化の一途をたどっていた隆也さんの体調は、放置されたことで急激に変化していく。以下、11日頃と12日頃の様子である。

〈(11日)隆也の状態は更に悪くなった。緒方が隆也に食パン1枚を与えても、隆也は、「もう食べられないので結構です。」と弱々しく言って断った。緒方は松永にこのような隆也の様子を報告した。松永は、食事を断れば怒るのが通常だったのに、そのときは怒らず、隆也に対し、「本当に食べられないんですか。」などと尋ね、隆也が「はい。」と答えると、緒方に対し、「無理して食べさせない方がいいだろう。」と言った。松永は、花奈に対し、浴室内に置いていた水だけは飲ませるように指示したが、花奈は、「水を飲んでもすぐに吐いてしまう。」と言った。

 

(12日)隆也の状態は更に悪くなった。被告人両名は隆也に対し食べ物や薬を与えなくなった。松永はリポビタンDを与えたが、隆也はこれを飲んでもすぐに吐いた。水を飲んでもすぐに吐いた〉

「おとうさんが死んだみたいです」

 緒方一家から死者が出るたびに、人工呼吸や心臓マッサージといった救命措置を施したのと同じく、松永は介抱や手当をした“フリ”を見せることで、自身の関与を否定する材料にしてきた。ここでの「リポビタンD」の投与も、同様の理由によるものだと見られる。そしてついにその日(13日頃)はやってきた。

〈松永は、隆也に対し、栄養ドリンクオールPのアンプル1、2本を与え、その後、ビール500ミリリットル缶を与えた。緒方は、花奈から、「オールPを吐かずに全部飲んだ。」と聞いた。松永は、緒方に対し、「水やリポビタンDは吐くのに、オールPは吐かんのやけんな。」と揶揄するように言った。松永は、洗面所から空のビール缶を持って出て来て、緒方に、「ビールも飲んだぞ。」と言った。

 

 緒方は、隆也にビールを飲ませてから1時間か1時間30分くらい経ってから、浴室に隆也の様子を見に行った。緒方が浴室ドアを開けると、花奈が、「お父さんが死んだみたいです。」と無表情のまま小声で言った。隆也は、浴室入口ドア付近で、足を窓側に向け、身体の左側を下にして横臥し、身体を丸めて腹を抱えるような姿勢で動かなくなっていた。隆也は腹が痛かったのでそのような姿勢をしたのだと思う。隆也は穏やかで眠ったような表情をしていた。隆也がビール等を吐いた様子はなかった〉

 こうして、緒方を除く緒方一家の大人は、全員がこの世から消されたのである。

ビールも飲んだから、これで本望だろう」

〈緒方は、松永に対し、「隆也さんが死んだみたいです。」と報告した。松永は、緒方と一緒に浴室に行き、花奈に対し、隆也が死亡したときの様子を尋ねた。花奈は、「30分くらい前、気が付くと息をしていませんでした。」と答えた。松永は、和室に戻ると、緒方に対し、「オールPがいかんやったかな。でもビールも飲んだから、これで本望だろう。」と言った〉

 隆也さんが死亡した当日から、緒方と花奈ちゃんによって、死体解体作業が始められた。以下、判決文にある緒方の供述である。

〈隆也の死体は肌がかさかさしており、鎖骨や肋骨が浮き出ていた。死体を開腹すると、少し緑がかった粘着性のある黒いタールのような液体が腹部全体に広がり、腐敗臭のような重い臭いがした。死体にこのような特徴が見られたのは隆也だけだった。松永は、死体解体作業に従事した緒方と花奈に対し、「急げ。電気を通すぞ。」と言って、作業を急がせた〉

 隆也さんの死体解体作業は、4月下旬頃に終わったという。

(第75回へ続く)

(小野 一光)

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図