トレーニングジムやボーリング場、職場など、聞いてもいないのに積極的に“指導”してくれる「教え魔」という存在が注目されている。明確な統計データはないものの、基本的には教え魔は中高年男性に多く、主に女性をターゲットに自身の知識を披露しているらしい。

教え魔
画像はイメージです。以下同じ
 中高年男性と言えば、非常にクレーマーが多いことにも注目したい。繊維・衣料、医薬・化粧品など多様な業界からなる労働組合「UAゼンセン」が2020年に公開した調査結果によると、直近2年以内に迷惑行為をしていた顧客のうち、性別に関しては男性(74.8%)が7割以上。推定年齢は50代(30.8%)、次いで60代(28.0%)、40代(18.9%)と続き、クレーマーは中高年男性に多いことがわかった。

 教え魔にしろクレーマーにしろ、他人に配慮せずに高圧的な態度を見せることに類似性があり、どちらも中高年男性に多いことは興味深い。男性の問題に詳しい、京都産業大現代社会学部現代社会学科教授・伊藤公雄氏に話を聞いた。

教え魔・クレーマーは対策不可能?

 まず教え魔・クレーマーと接する際に配慮すればポイントを聞くと、「適度に自分の主張を伝えながら、相手の意見もキチンと尊重する“アサーティブコミュニケーション”を意識すると良いでしょう」と答えるも、「アサーティブコミュニケーションは結構なテクニックが求められるため、簡単に身に着けられるものではありません」と一筋縄ではいかないという。

 結局は当人に教え魔・クレーマーになっていることを自覚してもらうしか現状の打開策がないようだが、「教え魔・クレーマーになるような中高年男性は、“男性主導社会”を前提に生活してきたため、今から女性や子供と対等に接することはとても難しい」と話す。

「もとより、当人に自覚があるかどうかにかかわらず、“男らしさ”の呪縛に苦しんでいる中高年男性は少なくありません。つまりは『男ならベラベラしゃべるな』『男なら感情を表に出すな』『男なら誰にも相談せずに自分一人で決めろ』など、雑談や相談といった様々なコミュニケーションを封じられてきた。また、喜怒哀楽の“怒”しか表情に出してはいけないことが良しとされてきたために感情表現も非常に乏しい」

教え魔は海外でも問題に



「さらには、会社中心の生活を送ってきたため、『要件は何?』『結論から言え!』というような、簡潔かつ効率的なコミュニケーション術しか身に付けていません。仕事の上では感情が足枷になることは往々にしてあり、このようなドライコミュニケーションはむしろ歓迎されますが、日常生活ではそうはいきません。

 コミュニケーション能力に難がある中高年男性が、自身のコミュニケーションを見直し、『教え魔・クレーマーになっていないか?』を柔軟に調整することは容易ではありません

 教え魔・クレーマーには迷惑している人は少なくないが、当人たちが抱える様々な事情にも目が向ける必要がありそうだ。

教え魔とクレーマーは何が違うのか?

 そもそも教え魔とクレーマー同一視して良いのだろうか。伊藤氏は「クレーマーは暴力性があり、犯罪に抵触する可能性があるため、教え魔と一緒くたにすることは早計ですが、彼らを生み出している背景には同じような傾向が潜んでいます」と語る。

「ちなみに、公共の場で上から目線の態度を他人に向ける男性は、日本に限った問題ではありません。数年前に支配的な言動を見せる男性を批判した『説教したがる男たち』という本がアメリカで大ヒットを記録しました。また、最近は男性が偉そうに女性を見下しながら、解説・助言する行為“マンスプレイニング”という言葉を耳にする機会が増えました。これは世界的に問題視されています」

 改めて教え魔・クレーマーが生まれる背景を具体的に聞いてみた。

「幼少期から、男性は“男らしさ”、女性は“女らしさ”を押し付けられる過程で、男性は優越志向・所有志向・権力志向を持つことを善として育てられます。中でも、優越志向が強く、他者よりも優位な立場にいることに執着する男性は多いです。加えて、『男性は女性と子供を守る存在』という刷り込みを『男性>女性・子供・年下』と歪曲し、優越志向を満たすため、女性や子供をターゲットに教え魔・クレーマーになってしまのでしょう

雇用の不安定化が「男らしさ」に影響も

伊藤公雄氏
伊藤公雄氏
 昨今、“男らしさ”といった価値観は改められており、伊藤氏も「確かに男女平等の意識が高まり、以前のように男性が主導権を握ることに批判的な空気感が生まれました」とそういった現状を認めている。だが--。

「ただ、教え魔・クレーマーの加害者が中高年男性に目立っているように、現代の中高年男性は“男らしさ(男性性)”に憑りつかれているため、男女平等に対する価値観アップデートできずにいます。また、ここ20~30年間、長引く不景気のために雇用が不安定化し、賃金も一向に上がらず男女間の収入格差も縮み、男らしさを誇示するための最大のアピールポイント“稼ぐ力”が低下しました。

 時代の変化や立場の衰退など、以前よりも優越志向を満たすことが難しくなり、優越志向を満たす動きが激化したことが、今日の教え魔・クレーマー問題に通じているのではないでしょうか」

「教えてあげる」に潜む差別意識

 とは言え、優越志向に関係なく、「教えてあげている」という善意から教え魔・クレーマーになる男性もいそうだがどうなのか。

「本人が善意を持って教え魔的、クレーマー的な言動を見せることもありますが、それらは『(女性・子供は男性よりも劣っているから)教えてあげる』という差別を含んだ一方的な善意“慈愛的ないし好意的差別”でしかありません。男性側が『親切心で教えてやったのに!』と訴えたところで、その背景には慈愛的ないし好意的差別が潜んでおり、“善意の押し付け”の可能性が高いです

 教え魔・クレーマーが話題になっているが、「迷惑な人もいるもんだな~」とネタ化するのは危険なのかもしれない。

「私は男性性、いわゆる“男らしさ”が脅かされ、男性が精神的に不安定になっている現象を“剥奪感の男性化”と名付けました。これまで『男の子はやんちゃなくらいが丁度いい』『浮気は男の甲斐性』といった具合に甘やかされたり、優先的に昇給・昇進できたりなど、男性というだけで下駄を履かされてきました。しかし、男女平等の意識が高まったことによって下駄が脱がされつつある現状に、ストレスを感じている男性は珍しくありません

精神的に不安定な中高年男性

落ち込むおじさん

「教え魔・クレーマーに限らず、剥奪感の男性化がトラブルに発展するケースは増えているように感じます。2021年8月に小田急線の無差別刺傷事件が起きましたが、犯人は『6年ほど前から幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思うようになった』と供述しており、断定することは難しいですが、似た背景にあったのではないでしょうか。男性の歪んだ支配欲が事件の引き金になることは楽観視できるものではなく、男性性は早急に議論される必要があります

 これまで中高年男性をメインに話を聞いたが、若い男性も“剥奪感の男性化”を感じているのだろうか。伊藤氏は「若い男性はジェンダーステレオタイプを保有している傾向は低く、ゼロではありませんが、中高年男性と比較的すると少ないです」という。

「一時期、“草食系男子”が頻繁にメディアで特集されていましたが、この現象は若い男性が優越志向・所有志向・権力志向に囚われず、男女平等の適切な価値観を取り入れている兆候のように思います」

指摘してくれる友達がいない

 自身が教え魔・クレーマーになっていること、さらには剥奪感の男性化を抱えていることに気付くことは容易ではないため、「他者と交流しながら自身が保有する男性性を指摘してもらい、折り合いをつけていくことが望ましいです」と第三者の指摘に期待する。

「中高年男性は優越志向が強く、他人に指摘されることを非常に嫌います。さらには、『男は弱みを見せるな!』と刷り込まれており、コミュニケーションで苦労していても友達に気軽に相談できません。そもそも、気軽に相談できないために他者と信頼関係を築くことができないため、男性は女性よりも友達が少ない傾向にあります

 また、女性はもちろん、最近の若い人は空気を読むことに長けており、高圧的な態度をとられても『うんうん』『そうなんですね』と穏便にすませようとする。その結果、男性側は自身の問題点に気付くどころか、『自分は良いことをしている』とさえ、錯覚しまう可能性もあります

 教え魔・クレーマーの暴走を止める術がないことが、本人たちにとっても一番の不幸なのかもしれない。

教え魔・クレーマーにならないためには

怒り

 将来的に教え魔・クレーマーにならないためのアイデアとして、「ボランティアや趣味といった仕事や家庭以外に居場所を見つけることで、多様な人と交流することで配慮が学べ、教え魔・クレーマーを脱するためのヒントが得られるでしょう」と回答。

「とはいえ、剥奪感の男性化に苦しみ、社会的な活動に消極的な男性は多いため、本人たちに積極的な行動を促すことは安易な自己責任論につながりかねない。スウェーデンでは、不安感を抱える男性が相談できる“男性危機センター”を設置しており、政府には女性支援の施策はもとより、平行して男性支援的な政策を検討してほしいです。

“男性主導”とは言いますが、確かに男性が下駄を履かされ、甘やかされていることは事実です。しかし、男らしさの呪縛に苦しんでいる男性もおり、教え魔・クレーマーを“ただの有害な男性”と安易に消費せず、男女平等実現のための議論のキッカケになればと思います

 ジェンダーギャップ指数が示すように、女性差別は改善されるべきだ。それと同時に“男性性”の押し付けについても徐々に関心が向いてくれることに期待したい。

<取材・文/望月悠木>

【伊藤公雄】
京都大学文学部卒業、同大学院博士課程学修退学、イタリア政府給費留学生としてミラノ大学政治学部留学。2017年より京都大学名誉教授・大阪大学名誉教授。現在、日本学術会議会員、独立行政法人国立女性教育会館監事、日本イタリア会館常務理事、京都府大阪府滋賀県の男女共同参画審議会会長などをつとめる

【望月悠木】

フリーライター。主に政治経済社会問題に関する記事の執筆を手がける。今、知るべき情報を多くの人に届けるため、日々活動を続けている Twitter:@mochizukiyuuki

画像はイメージです。以下同じ