ファイル交換ソフトWinny」(ウィニー)を開発し、違法コピーによる著作権法違反ほう助の罪に問われていた元東大助手の金子勇氏は2011年12月20日最高裁での上告棄却による罪確定の見込みとなったこと受けて都内で会見を開き、胸の内の「喜び」をあらわにした。

 金子氏がファイル交換ソフトWinny」を開発したのは2002年2004年には、同ソフトインターネット上でのゲーム映画の違法コピーといった、著作権法違反を手助けしたとして逮捕。一審(2006年12月)は罰150万円の有罪、二審(2009年10月)では一審を破棄し「違法使用を推めていない」として逆転罪となった。今19日、最高裁第3小法廷は二審を支持し上告を棄却する決定をしたため、罪が確定する見込みとなった。

 これを受け金子氏は、Winny弁護団の壇俊弁護士らとともに都内で緊急会見に臨み、

「私は、今回の事件で開発をする多くの技術者のために訴訟活動をしてきました。私の開発態度が正しく認められたことをありがたいと思います」

と述べ、喜びを噛み締めた。

■「とりあえずソフトウェアをつくっただけで捕まることはなくなったと思う」

 会見では質疑応答の時間も設けられ、ニコニコニュース記者が「元2ちゃんねる管理人西村博之氏が今回の事件を通じて、トップレベルだった日本P2P技術産業を潰した検察の責任摘している」と問いかけると、金子氏は、

「私自身は、今回の事件をのせいにすれば済むという問題ではないと思う。それでは前に進まない。前向きに、今できる最大限の良いことを考えたい」

と答え、笑みを浮かべた。また、Winny誕生のきっかけの場となった掲示板2ちゃんねるユーザー(住人)に向けてのメッセージめられると、

悪用しないように(笑)。『悪用をするな』と書き込むと、なぜか偽者扱いされますが(笑)。本当に祭好きの方々なので・・・」

と話し、駆けつけた記者らの笑いを誘っていた。

 なお金子氏は会見終了後、ニコニコニュースの単独インタビューにも応じ、ニコニコ生放送を試聴する若いエンジニアに向けて、

「捕まるようなことをやってみればいい(笑)意外と難しい。狙ってないし、狙ってもできない。(中略)日本未来のために、若い人達は頑って下さい。とりあえずソフトウェアをつくっただけで捕まることはなくなったと思うので」

金子氏ならではの皮の効いたエールを贈った。

関連サイト
・[ニコニコ生放送]Winny開発者・金子氏の緊急会見(録画)冒頭から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv74946374?po=news&ref=news#00:54
・[ニコニコ生放送]Winny開発者・金子氏の単独インタビューから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv74946374?po=news&ref=news#27:11

丹羽一臣)

Winny開発者・金子勇氏