ニコニコニュース

「パーキンソン病」のニュースまとめ(119件)

検索結果:119件

マイケル・J・フォックス、モハメド・アリに影響受けた

ジョゼフ・フーリエ大学名誉教授、クリナテック研究センター理事長アリム・ルイ・ベナビッド博士が受賞!第42回『本田賞 授与式・記念講演』事後レポート

神経変性疾患治療市場、2021年から2026年にかけて緩やかに成長見込み

アーセナルとリバプールで活躍したレイ・ケネディ氏が70歳で死去、37年間パーキンソン病と闘病

世界の神経バイオマーカー市場は2027年まで年平均成長率12.9%で成長する見込み

世界の神経修復および再生市場ー製品別(神経導管、神経ラップ、迷走神経刺激、仙骨神経刺激、脊髄刺激、TENS、TMS)、アプリケーション別、および地域別ー予測2022ー2030年

神経刺激装置市場ー製品別(脳深部刺激療法装置、脊髄シミュレーション装置、仙骨神経シミュレーション装置など)、アプリケーション別、エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2027年

認知症の原因タンパク質が脳の炎症を引き起こす仕組みを医科歯科大が解明

脳深部刺激療法(DBS)市場、2021年から2026年の間に約9%のCAGRで成長見込み

コーヒーメーカーの市場規模、2028年に205億9,679万米ドル到達予測

世界のワイヤレス脳センサー市場ー製品別(脳波記録(EEG)デバイス、睡眠モニタリングデバイス、脳磁図(MEG)デバイス、など)、アプリケーション別、最終用途別および地域別ー予測2022ー2030年

神経補綴市場ータイプ別(人工内耳、モーター補綴、認知補綴、および網膜インプラント)、テクノロジー別、アプリケーション別、地域別- 分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2022- 2030年

世界の脳インプラント市場ー製品別(脳深部刺激療法、脊髄刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(慢性疼痛、てんかん、パーキンソン病、うつ病、など)および地域別ー予測2022ー2030年

不良ミトコンドリアを色で見つけるセンサーを開発

中枢神経疾患治療薬の世界市場は、2021年から2027年の予測期間中、年平均成長率6.9%で成長すると予測される

皮脂RNAにパーキンソン病患者に特有の情報が含まれることを発見

神経診断市場ー製品別(診断とイメージングシステム(MRI、超音波)、臨床試験機器(PCR、NGS)、試薬・消耗品)、状態別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

世界の脳深部シミュレーションデバイス市場は2026年までCAGR 9.5%で成長する見込み

偽薬が効く、思い込みで副反応が出る。プラセボ効果・ノセボ効果と深層心理の関係

世界の外科用ロボットシステム市場規模調査ーコンポーネント別、アプリケーション別(婦人科手術、泌尿器外科、脳神経外科、整形外科、一般外科、その他)および地域別―予測2022-2030年

神経刺激装置市場-デバイスタイプ別(脊髄刺激装置、迷走神経刺激装置、脳深部刺激装置、仙骨神経刺激装置など)、アプリケーション別(疼痛管理、難聴、尿失禁など)-世界の需要分析と機会の見通し2030年

神経刺激装置市場-デバイスタイプ別(脊髄刺激装置、迷走神経刺激装置、脳深部刺激装置、仙骨神経刺激装置など)、アプリケーション別(疼痛管理、難聴、尿失禁など)-世界の需要分析と機会の見通し2030年

世界の神経刺激装置市場は2027年までCAGR12.5%で成長する見込み

パーキンソン病治療市場ー医薬品クラス別(カルビドパ/レボドパ、ドーパミン受容体作動薬、MAO阻害剤)、流通チャネル別、患者ケア設定別および地域別ー世界的な予測2030年

鞆の浦「さくらホーム」施設長・羽田 冨美江氏が 株式会社土屋の顧問に就任  ~地域で「見守る」これからの介護~

2027年まで9.15%のCAGRで成長が見込まれる神経修復・再生市場

神経補綴市場ータイプ別(人工内耳、モーター補綴、認知補綴、および網膜インプラント)、テクノロジー別、アプリケーション別、地域別- 分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2022- 2030年

パーキンソン病患者に向けた運動療法の専門書籍 「パーキンソン病と診断されたら最初に読む運動の本」を発売  ~細部の動きも分かりやすい動画QRコード付き~

脳深部刺激療法(DBS)市場-アプリケーション別(てんかん、ジストニア、パーキンソン病、振戦など)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)ー分析、共有、傾向、サイズ、予測2022-2030年

【共同リリース】株式会社HACARUS(ハカルス)と東京大学大学院薬学系研究科 アルツハイマー病やパーキンソン病の治療法開発を目指すAI創薬研究を開始

順天堂大学とセルソース、エクソソームを用いた脳梗塞後遺症・パーキンソン病の治療について共同研究を実施

順天堂大学とセルソース、エクソソームを用いた脳梗塞後遺症・パーキンソン病の治療について共同研究を実施

世界の脳インプラント市場規模調査ー製品別 (脳深部刺激療法、脊髄刺激療法、迷走神経刺激療法)、アプリケーション別および地域別ー予測 2022-2030年

順天堂越谷病院で「パーキンソン病患者さんのためのダンス教室」を開催

コンパニオン診断技術市場は2027年まで20%のCAGRで成長すると予想されます

神経調節市場は2027年まで13.1%のCAGRで成長すると予想されます

外科用ロボットシステム市場は、2027年まで13.7%のCAGRで成長すると予想されています

パーキンソン病患者を題材にした映画 「いまダンスをするのは誰だ?」撮影開始のお知らせ

神経刺激装置市場は2026年まで12.5%のCAGRで目覚ましい成長が見込まれています

世界のワイヤレス脳センサー市場のサイズ調査ー製品別、アプリケーション別(認知症、てんかん、脳卒中、パーキンソン病、睡眠障害、外傷性脳損傷、その他)、最終用途別および地域予測2020-2027年

ワイヤレス脳センサー市場は2027年まで9.5%のCAGRで成長すると予想されます

エアロゾルデリバリーデバイス市場は2027年までに46,728.7百万ドルに達すると推定されています

日本メドトロニック パーキンソン病などの症状を改善する新しい脳深部刺激システム「メドトロニックPERCEPT(TM) PC」が保険適用に

エーザイと英Wren、シヌクレイノパチー創薬に向け共同研究

神経刺激装置市場ー製品別、アプリケーション別(パーキンソン病、てんかん、疼痛管理、本態性振戦、尿失禁・便失禁、アルツハイマー病、虚血など)、エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2027年

世界のパーキンソン病治療薬市場―2018-2024年の予測期間中に7.2%のCAGRを目撃すると予測

マイケル・J・フォックスが引退宣言 難病を乗り越えた半生をプレイバック!

パーキンソン病罹患から30年のマイケル・J・フォックス、俳優引退宣言も前向き

マイケル・J・フォックス、ダイアナ妃と『バック・トゥー・ザ・フューチャー』を観たエピソードを明かす

マイケル・J・フォックス、俳優業からの引退を告白「何事にも潮時がある」

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る
1

YouTube低評価非数表示システム導入後、視聴者からは非難の声続出!?

秒刊SUNDAY

2

「人間の皮で作った商品はいかが?」 動物愛護団体の“キャンペーン”に衝撃走る

Sirabee

3

ワクチン拒否のビーガン男性が新型コロナ感染 医師に接種を懇願するも手遅れに

Sirabee

4

「親ガチャという概念は正しい」アメリカ人経済学者が"人生の宝くじ"を否定しない理由

プレジデントオンライン

5

ワタミ執行役員「11月は残業して」報道で物議 本当に「ブラック」なのか?

弁護士ドットコム

6

「原発45基分を洋上風力で発電」日本政府の大胆な目標に海外勢がヨダレを垂らすワケ

プレジデントオンライン

7

〈生きていくため、体を売って何が悪い〉かんなみ新地に掲げられた言葉とその真意 「搾取の構造はない。ここは女の砦やった」

文春オンライン

8

最も恐ろしいのは日本だ! 「あの国は必ず再起するはず」=中国

サーチナ

9

ウーマン村本、来年3月末にNY移住 『THE MANZAI』でも宣言

ORICON NEWS

10

IAEAが福島原発処理水の検証から「韓国の被害」を除外、韓国メディアは「日本を後押し」と批判

レコードチャイナ

ニコニコインフォ

もっと見る