ニコニコニュース

コメントなど一部除きご利用可能です

「共産党」のニュースまとめ(640件)

検索結果:640件

蓮舫氏3位…立憲に衝撃広がる 野田元総理が都知事選の敗因を分析「相手を厳しく追求する勝ち気な女性」「20年間のイメージを払拭できなかった」

日本がカネを出しても「サムスンの巨大工場」にはかなわない…親日国・ベトナムで"韓国シフト"が進む理由

名門大学を卒業し、出世しても月給7万円…「優秀学生」ほど「汚職官僚」に転落するベトナムの特殊事情

国民・玉木代表「『立憲共産党』路線は終焉を迎えた」 近く泉代表と野党連携のあり方を協議へ

「2位じゃダメなんですか」のはずが3位に…15年ぶりにフラグ回収した蓮舫さん(56)は、どこで失敗してしまったのか?

好評御礼!『追風者 ~金融界の夜明けへ~』7月27日(土)シネマート心斎橋にて上映会決定

東京都知事選、蓮舫氏が3位に沈んだことで日テレNEWSに盛大に煽られてしまう事態に

失業した若者が階段や公園で行き倒れている…不動産バブルがはじけた中国の「ゾンビ経済」の実態

アジア最長寿の男性が死去、施平さん112歳―革命と抗日戦、高等教育の確立に功績

先行上映会無料ご招待!『追風者 ~金融界の夜明けへ~』7月23日(火)シネマート新宿にて上映会決定

リニア着工に待った? 過去最多の候補が乱立で次のかじ取りは誰に? 「静岡リニア知事選」の行方

トニー・レオン主演『無名』の舞台にも…スパイ合戦が繰り広げられた“魔都”上海

【速報】中国、7月に共産党の重要会議

【速報】共産党本部で落書き被害、警視庁捜査

ベトナムの越日友好議員連盟会長およびクアンビン省共産党委員会書記と山梨県の長崎知事が東京で会談

ラテン・アメリカの現代詩——政治と小説の狭間で

【コラム】難しい北朝鮮(朝鮮学校)問題

第二次世界大戦後、アメリカ占領下に置かれる日本…米ソの「冷戦」に影響を受けながらも、経済的自立を目指す過程に迫る【歴史】

まるでオカルト!支離滅裂な生物学「ルイセンコ学説」はなぜソ連で信じられたのか?

政党の人格イメージ調査 いちばん「まじめ」「セクシー」「カラオケが得意」そうな政党はどこ?

チュー・イーロン主演!「叛逆者」がみるアジアで独占配信スタート

日中戦争が勃発!「1930年代」強まる軍部の影響によりついに切られた戦火の火ぶた【歴史】

離婚後の共同親権「子どものための議論を」 超党派議員が勉強会立ち上げ

共産党「委員長交代直後の選挙」で敗北を招いた「パワハラ叱責問題」の余波

共産党の新委員長・田村智子ってどんな人? 初の女性トップ就任も、パワハラ疑惑などで早くも雲行きが......

岸田首相の「派閥解消で反転攻勢」目論みを国会バトルで潰す共産党・田村委員長の死に物狂い

昭和初期、日本のため「対中国強硬方針」をとった内閣が「総辞職」に追い込まれたワケ【歴史】<br />

【速報】共産党、志位委員長の交代で調整

岸田内閣崩壊の好機に野党共闘を拒否する連合・芳野友子会長“共産党嫌い”の原点

蓋を開ければ絶好調「宇都宮ライトレール」なぜあんなに反対されたのか 延伸めぐり「政争」再び また市民を置き去りに?

「打倒軍閥!打倒列強!」…民衆の後押しで成立した中国の一大ムーブメント「国共合作」が、崩壊するしかなかった複雑なワケ【世界史】

“覇権国家イギリス”の凋落…第一次世界大戦後、アメリカが「世界の主役」に躍り出たワケ【世界史】

「共産党と連携」の効用を力説した立憲民主党・安住淳の選挙対策論

アニソンフェス、開催3日前に中止を発表 「運営の不手際」で…怒りの声も

枝野幸男「復権工作開始」で共産党とタッグを組んだら「大惨事」に!

琅琊榜のフー・ゴーが二重スパイを演じて話題となった「偽装者」みるアジアで独占配信スタート!

「おぐらが斬る!」世界から嫌われる中国 今度は紙の上の侵略か

【お笑い共産党】福島「汚染魚」はダメでも「汚染水」はOKという摩訶フシギな「科学的社会主義」

第一次世界大戦直後のドイツを舞台に革命を描く激渋&激重ボードゲーム『ワイマール:民主主義の戦い』が10月上旬に発売決定。4人プレイヤーで6時間を要するヘビー級の作品

「おぐらが斬る!」自民党支持率下落続き、野党は共闘できず 増える「支持なし」

ウクライナ反転攻勢は弾切れで頓挫、ロシア軍大攻勢で戦争終結へ

中国の若者の失業率が約50%に 習近平政権は国内からの反乱を警戒?

「ススキノ頭部切断」容疑者に浮上する性的トラブル・ひきこもり・ナースコスプレの「闇」

札幌ホテル「首切断事件」逮捕された田村修医師は共産党に8万6000円を寄付していた

札幌「頭部切断事件」逮捕医師がやっていた「共産党系会報誌」への投稿と「大麻解放」運動

「おぐらが斬る!」立憲民主、選挙協力と候補者調整で他の野党から信用を失いつつあるようだ

プリゴジンの乱が暴いた独裁者プーチンの「砂上の楼閣」とロシア国民の「ぬるい傍観」

共産党・志位委員長が「日本革命戦略」を堂々公言で公安調査庁が厳重警戒する「暴力闘争」

伊豆大島は戦後一時期独立国だった!自前で作った憲法も

プリゴジン蜂起はCIAの画策か、米国から見たワグネルの乱

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る

ニコニコインフォ

もっと見る